読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きさん必読! 町田尚子『ネコヅメのよる』

イラストレーターの五島夕夏さんによる絵本紹介YouTubeチャンネル「五島夕夏の絵本チャンネル」

 

今回紹介するのはこちらの絵本です。

ネコヅメのよる

 

インパクト大な表紙の『ネコヅメのよる』!

表紙からすでに猫好きの心をくすぐります。

 

ストーリーは複雑さがなく、とってもシンプル。

短い時間のなかで巻き起こる、猫にとっては一大事だけど、人間にとっては「な〜んだ、そんなこと」というオチ。

そんないい意味での内容の浅さと、作者の猫好きが伝わってくるような奥深い絵のギャップが印象に残ります。

f:id:iwamayoiko:20160715125341j:plain

文字も少なく、読ませるというよりは、補足的に音が付いているといった感じ。

だけど文字の入り方は、絵全体をキュッと引きしめるような配置になっています。

f:id:iwamayoiko:20160715141357j:plain

絵と文字、本の大きさも含めた全体を見たときにすごくマッチしていて、スッと気持よく頭に入ってくる……そんなデザインにもぜひ注目してみてください。

 

五島さん自身も、実家でテオとネオっていう二匹の猫を飼っています。

仲が悪く、人にもなつかない、もともと野良猫だった警戒心の強い二匹。

そんな猫たちを見てきた五島さんはこの絵本を読んで、「猫ってこういう行動するよね〜!」「そうそうこの角度から見るとこんな顔してるよね〜!」と猫好きとしての心をキュ〜っとつかまれたんだって!

 

飼い猫や野良猫、たくさんの猫が登場するこの作品。

f:id:iwamayoiko:20160715145202j:plain

「こういう猫いるよね〜」「こんな猫飼ってる人いるのかな?」と1ページの中でじっくり考えながら読むことができます。

どの猫の表情も愛おしくて、どこか人間っぽくもあり、なんとなくにんまりしながら見てしまいますよ!

 

猫好きのため、猫の絵をよく描くという五島さん。

f:id:iwamayoiko:20150721113228j:plain

実家の猫をそーっとのぞいて、おなかの質感、手の甲の毛なみといった細部をを見ながら描いているそう。

そんな絵を描く立場としても、「わかるわかる〜」と共感できる作品になっていると話していました。

色を何度も重ねて描かれているのがよくわかり、塗っている過程をのぞいてみたくなるとも。

想像力をかきたてられる、いい意味で未完成的なスキのある絵で、子どもにも年配の方にも若い人にも、ぐっと迫ってくるものがあるのではないでしょうか。

 

f:id:iwamayoiko:20160715154938j:plain

町田 尚子『ネコヅメのよる』を紹介 後編

 

猫嫌いの人にはわかりませんが(笑)、猫好きの人には本当におすすめです!

自分が飼ってる猫と似た猫を見つけてみるのも楽しみ方のひとつですよ。

 

動画で詳しく紹介しています。

チャンネル登録よろしくお願いします!