読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本『3びきのくま』を紹介

イラストレーターの五島夕夏さんによる絵本紹介YouTubeチャンネル「五島夕夏の絵本チャンネル」

f:id:iwamayoiko:20160624141259j:plain

今回紹介するのはこちらの絵本です。

3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

トルストイ ぶん・バスネツォフ え『3びきのくま』。

とても有名な絵本で、たいていの図書室、図書館、書店には置いてありますよ。

『3びきのくま』の絵本は、いろいろな人が絵を描いたものがたくさん出版されているけど、このバスネツォフさんが描いたものが、五島さんのいちばんのおすすめです!

なんといっても、表紙をひらいたとたんに出てくるこのかわいい柄!

f:id:iwamayoiko:20160624114320j:plain

小学生のときにこれを見た五島さんは、「かわいい〜!」「お菓子の包装紙みたい〜!」と、女の子心をくすぐられたんだって。

 

おはなしの内容は、森で迷子になった女の子が小屋を見つけて入り込み、置いてあったスープを飲んだりベッドで寝たりしていると、そこにくまたちが帰ってくる……というもの。

f:id:iwamayoiko:20160624141411j:plain

わかりやすく、ドキドキしながら読めるストーリーになっています。

くまたちは邪悪な表情をしていて、女の子が食べられてしまうんじゃないかと不安になったりもしますが意外と平和なまま終わって、そのギャップも面白いんだとか。

 

そして、五島さんがこの『3びきのくま』の中でいちばんおすすめするポイントは、出てくるスープがものすごく美味しそう! というところ。

f:id:iwamayoiko:20160624141911j:plain

分厚いうつわと大きな木のスプーン、中に入った(コーンスープなのか?コンソメスープなのか?よくわからない)黄色いスープがとにかく匂いまで感じるようで、すごく食べてみたい! とこの絵本を読むたびに思ってたんだって。

絵本の中に出てくるお菓子や食事って、すごく美味しそう! と思った経験はありませんか?

どれも写真や実物で見るよりも美味しそうに感じるというのが、五島さんの「絵本あるある」です。

 

また、美しい色彩、景色、かわいい小物なども、この絵本の魅力です。

f:id:iwamayoiko:20160624150316j:plain

おはなしは単純なパターンの繰り返しだけど、「つぎはなにが出てくるの!?」と早くつづきが見たいという気持ちにさせてくれます。

 

バスネツォフさんは他の絵本でも、見開きや挿絵のデザインが凝っていて、いま見ても新しい色使いをしている人。

気軽に飾ったりするのもひとつの絵本の楽しみ方で、インテリアのために絵本をパケ買いも全然アリ! という五島さん。

そういった使い方としても、『3びきのくま』はぴったりです!

 

動画で詳しく紹介しています。

チャンネル登録よろしくお願いします!